月刊ほくと新聞Hokuto News Paper

奥山田高架橋

2013年07月号

img_1307

昨年の12月から始まった奥山田2号橋の工事も暑い夏に入り、いよいよゴールが見えてきました。そして7月28日、地元のみなさんに出来上がったばかりの橋を渡っていただくお披露目会が催されました。地元から200人も参加していただき、橋の完成をお祝いしていただきました。いつもながら感じ入るのですが、橋が架かるまでの苦労を思うと、あっけなく橋を渡れてしまうのですが、その分皆さんの日々の暮らしに役立っているのだと思うと、充実感でいっぱいになります。何よりも、皆さんのよろこんでいたく姿を見ることが、また次の工事へのエネルギーへとつながります。

奥山田2号橋は平成17年度より着手されてきた全長1.7kmの奥山田バイパスを担うもので、大型車の行き交いが容易となり、交通の安全性と利便性が向上します。また、緊急輸送道路としての機能も一層高まり、京都と滋賀との交流連携の促進にも役立つと期待されています。工事用道路の復旧作業など、もう少し作業は残りますが、最後まできっちりと仕事をやり遂げ、今後の皆さんの益々のご発展に貢献できればと思っております。

最後になりますが、京都府山城北土木事務所の皆様をはじめ、ご支援・ご協力いただきました皆様に厚く御礼申し上げます。ありがとうございました!

PAGETOP