月刊ほくと新聞Hokuto News Paper

3年目の金沢城リレーマラソン

2016年05月号

Exif_JPEG_PICTURE

さあ、みなさん、覚悟はいいですか?いよいよ第15回金沢城リレーマラソンがスタートしますよ!

「感動を味わいたいんで、是非走らせてください!」
「みんなで歓喜の涙を流したいんで、是非走らせて下さい!」
「忘れかけてしまっている青春を思い出したいんで、是非走らせて下さい!」
「健康診断が近いんで、是非走らせて下さい!」

と、熱い想いを持った命知らずの社員達が我先にと名乗りを挙げ、総勢で34名が出走することになりました。チームのモットーは 「あきらめない、ふりむかない、うつむかない、そして燃え尽きる」こと。30歳以下のチームと、新入社員と中高年社員の混成チームの2チームで、完全燃焼、それなりのタイムでの完走を目指します。

みんな頑張りました。3年連続で出走したKIDOUは、北都歴代最速となる6分44秒というコースレコードを樹立しました。新入社員の5名も輝く新緑の中を爽やかに疾走してくれました。初めて参加したまちゃこも、タスキをつなぐ姿はけなげで美しかったのですが、あとで暑かったやら長かったやら、止むを得ない事象に対して激しく怒りをぶつけていました。「15分経っても帰ってこなかったら捜索に来てくれ」と言い残して走り出していったマスコットキャラクターのよしくんは、ぼちぼち探しに行こうかとした矢先に安否が確認され、あとはなんとか自力で帰ってきてくれました。あれだけ勇ましかった北都社員が日頃の運動不足を露呈するとともに、健康診断に向けて一抹の不安を抱かせる機会となりました。

小池田社長、今年も力走なさる姿を目に焼き付けさせていただきました。ありがとうございました。足の怪我を抱えながらも7分台で走って下さいました奥様、ナイスファイトをありがとうございました。出走されたみなさんは、自分で自分を褒めてあげて下さい。傷をなめ合うのはやめましょうね・・・

今年は競争の原理が働くことによる好タイムが期待されたのですが、結局両チームとも実力相応の結果となり、平凡なタイムに沈みました。

北都RC_完走証

北都RC(U-30)_完走証

走った後は、金沢本社に移動して打ち上げ。先に盛り上がっているみんなと合流し、全員が無事であることを喜び合いました。そしてようやくここで本領が発揮され、やっと燃え尽きることができたようです。おつかれっ!

みんなでタスキをつなぐということはとっても意義があること。とにかく今年も新たな仲間にタスキがつながりました。来年にもしっかりとつなげていきますよ!!

PAGETOP