月刊ほくと新聞Hokuto News Paper

ユキニモマケズ・・・

2018年01月号

大雪

ひっさびさの大雪です。交通は大混乱、ほとんどの社員が始業時間に間に合わず、ようやく会社にたどり着いても疲れ果て、予定していた物品も届かず、おまけに楽しみにしていたお昼の給食も届かず・・・
それもそのはず、10数年振りの積雪量だったとのことです。

子どもの頃、雪が積もって真っ白になった景色を見ると 遊びの枠が「ぐん」と広がり心を躍らせたものでした。このところ地球温暖化の影響なのか石川県でも年々雪が少なくなっており、何かしらの物足りなさを感じてはおりましたが、できる限り平穏無事に過ごしたい今日この頃、すっかり雪の少ない冬に慣れ、スタッドレスタイヤにはき替えてあとは寒いのを我慢すればオッケーと、いつの間にやら大雪への備えがおろそかになっていたのは私だけではないと思います。

外はどれだけ雪であっても、お客様にご迷惑をおかけしてはなりません。一部県内の橋梁架設現場では雪の為、床版打設を予定通りに行えず、工程計画の変更が生じておりますが、幸い大きなトラブルもなく この大寒波が続いた1月を切り抜けられそうです。

やっぱり準備って大切ですね。素直な心で天気予報を信じて、対策を立てておくことの重要性を再認識、今後10年くらいは心に刻まれていると思います。

雪、ど~んと来やがれ! と言いたいところですが、やっぱりたいへんはたいへんなので、ちびっこ達が喜ぶ程度、ほどほどにしてほしいな・・・

PAGETOP