月刊ほくと新聞Hokuto News Paper

今年は戦いの場を変え、北都RC、隣国越前大野へ出撃!

2019年05月号

越前大野名水マラソン走破

5月の晴れた日は、昔から『五月晴れ』といいまして、とっても清々しく気持ちのいい日です。
 
5月26日、福井県の大野市でマラソン大会が開催されました。4000人を超えるランナーが全国各地から集まり、我が社からも11名が参戦。ハーフマラソンの部と10kmの部で出走しました。

思い起こせば去年、どしゃ降りの中 寒さにふるえながら金沢城リレーマラソンに出場。走ったというより、少しでも早く帰りたかったので、一生懸命みんなで後片付けをした記憶が心に残っています。それはそれでとても良い精神修養の機会になったのですが、改善提案も出てきたことにより 今年は趣向を変えてみました。せっかく走るんだから、がっつり走ってみようや、ということで、思い切って方針を転換。同じ時期に開催される越前大野名水マラソンに照準を合わせ、有志を募りました。5月の薫風を全身に感じ、越前大野の味わいのある街並みに心を癒し、沿道で応援して下さる方々やボランティアスタッフのみなさんの温かさに触れ、一歩一歩大地を踏みしめながら充実感を味わい、気持ちの良い爽やかな汗をかき、おまけに脂肪も燃焼されメタボ解消にもつながってくれるのだから、皆このマラソン大会を存分に満喫し素晴らしい一日にしてくれるものと確信しておりました。

スタートしました。気温は30℃近く。ほとんど風もなし。灼熱。こういうのは五月晴れとはいいません。10kmの部に出場した1名。長いウォーキングの末にやっとでたどり着いたゴール。39歳以下10kmの部、135人中135位という新たな歴史の1ページをつくりました。新聞にはこう書かれていました。「大野市の最高気温は平年より8℃近く高い31.5℃。午前中から厳しい日差しで、ランナーたちは照り付ける太陽の下をたくましく走った。」颯爽と駆け抜けるつもりが、たくましくっすか・・・。まあ、いいでしょう。我がチーム、とりあえず全員無事生還。そして全員完走(完歩)!この頑張りを目の当たりにし、何かと理由を付けて運動を拒む北都鉄工の不健康不良中年社員(女性も含む)の皆さんも来年こそは走ってみようと思ったはずです。そして社長、ご出陣をつつしんでお待ち申し上げております。 m(_ _)m
 
ランナーもさることながら、それ以上に大会スタッフの方はこの状況下での安全な大会の運営、さぞかし大変だったと思います。大会を盛り上げてくれた地元の中学生の皆さんの頑張りにも頭が下がりました。たくさんの方々の御尽力があってこのような機会をご提供していただけていることに深く感謝しながら、我々も自分達の役割をしっかり果たしていかなければならないと改めて感じる機会となりました。ありがとうございました。
 
 
なにはともあれ、出走された皆さん、本当にお疲れ様でした!ちゃんと仕事もして下さいね!!

PAGETOP