月刊ほくと新聞Hokuto News Paper

新入社員歓迎会2015

2015年04月号

Exif_JPEG_PICTURE

いつの間にやらコートがいらなくなり、ポケットに手を突っ込んで歩く社員の姿も一部のつっぱりを除いてめっきり少なくなりました。

この4月1日、5名の新入社員を新しく仲間に迎え入れることができました。そして4月25日に新入社員歓迎会を金沢国際ホテルで執り行いました。写真は出来上がった後の撮影ですので、若干お見苦しい箇所があろうかと思いますがどうかご容赦下さいませ。

簡単に新入社員5名の紹介をさせていただきます。

「DUNK」。彼にとっては全く未知の領域の、橋を架ける現場で奮闘しています。そして現役時代から20kgは増量したであろう肉体を駆使してフットサルチームでも力を発揮しています。人を思いやれる心の温かいやつです。

「KENGO」。石川ものづくり技能継承塾での技能研修をおこないながら工場でも溶接のトレーニングに励み、貪欲に技を吸収しようとギラギラしています。ヨットで
IH出場経験も持つガッツのあるやつです。

「NOMURA」。同じく技能研修をおこないながら、工場では学生時代に培った旋盤・フライス盤といった汎用機を使ってすでに製品づくりに着手しています。将来のお笑い担当最有力候補です。

「TO-YA」。工場内でクレーン製作の実作業を補助するかたわら、熱血○○先輩による恐怖の溶接指導が始まりました。フルペネ溶接習得に向けての長い挑戦がスタートです。また、フットサルでも華麗なボールさばきを見せてくれています。一見クールだけどかわいらしいやつです。

「KENSHI」。学生時代は土木を専攻。二ツ寺橋の現場でまた一から橋梁現場の施工管理を学んでいます。素直ないいやつで、早くも職人さん達からもかわいがられています。やんちゃ少年ですが大きな成長を遂げていくでしょう!!

そして彼ら以外にも2名の経験豊かなベテランを迎え入れております。

とまあ、これからが楽しみなまぶしい仲間を新たに加え、新年度もスタートしました。ついでに去年入社の東克哉さん、宮口沙織さんも歓迎会では司会進行をそつなくさばき、去年の新入社員たちの成長、そして会社の中での存在が日増しに大きくなっていることを改めて感じさせてくれました。

この素晴らしい出会いに感謝しながら、人と共に成長していくのが北都鉄工。
さあ、この一年も明るく前向きにいきましょう!!

PAGETOP