そうだ北都、行こう。

人がイイ

INTERVIEW #01 「搬送設計部」

2017年入社  寺野 嵩史  Takafumi Terano

#Q1現在担当している仕事内容は?
クレーンの設計を担当。
現場に出ることも大切。

工場の機械設備になるクレーンの機械部分の設計を担当しています。作業としては、図面を書いたり、構造計算をしたり。クレーンで物を吊ったときに、クレーンがその重さに耐えられるかどうかや、お客様によっては地震が起こったときにかかる荷重にクレーンが耐えられるかどうかの確認もします。なので技術的なことについてお客様と直接やりとりすることもありますね。現場に出ることもあって、製品をお客様の現場にどう据え付けるかや、据え付けるために計測が必要な場合もあります。今の自分の課題でもありますが、学ぶことが多いので現場に出ることは大事だなと思いますね。

#Q2趣味が仕事に通じていると思うところは?
趣味は筋トレ!
体を動かしてリフレッシュ。

趣味は筋トレで、自宅にジムがあります。筋トレは気分転換になっていて、仕事で煮詰まっていたりするときにスクワットしたりすると頭の中が整理されるというかリフレッシュされたりするので好きですね。会社の中ではしないですけどね(笑)

#Q3仕事のやりがい、自身の成長を感じるのはどういう時?
お客様から教わり、
成長させてもらうことも。

先ほども少し触れましたが仕事していく中でお客様と直にやりとりすることもあって、そのご質問やお問い合わせにしっかりと回答できたときに、自分に知識が身についているなと充実感がありますね。一方でお客様に成長させてもらっているなと感じることもあります。「こんなこと考えてるんだけど、どう思う?」というご質問があって、回答はするのですが、「逆にどういうのがいいですかね?」と聞くと、「うちでは過去こういうこともやったよ」とかお客様の知見も教えてもらえたりすることもあって、ありがたいなと思います。社内だけではわからないことも教えてもらったり、新しい発見があったりしてそこも自分の成長にもつながっているかなと思います。

#Q4設計の仕事に向いているのは、どんな人?
積極的に質問できる人、
なぜなぜを深堀できる人。

2つあって、1つは積極的に質問ができる人ですね。例えばクレーンを造るにあたっては、部品となる様々な機器を買ってうちで組み立てていくんですけど、でも最初はその機器の選定や使い方は一人ではまず分からないんですよね。そんな時に困ったらすぐ質問できるような人がいいですね。ちなみに僕はすぐ聞きます。悩んでいても仕方ないので。もう一つは根拠を大事にできる人だと思います。計算の根拠をお客様にも聞かれることもあるので、すぐに答えられると安心感にもつながると思います。自分でこれはなぜこうなっているのか、なぜなぜというのを深堀していけることはとても大事なことだと思いますね。

#Q5ずばり、北都鉄工の良いところは?
苦労を知っているからこそ、みんな優しい

自分の部署もそうですが、会社のみんなが優しいです。特に先輩や上司の方たちは何年も仕事をされてこられた中でその苦労を知っているからか、親身になって教えてくれたり、分からなくても一緒になって調べてくれたり協力してくれます。楽しく仕事しようという空気が社内にありますね。またその人が成長できるように、導入部分を教えてもらったあとは、ある程度本人に任せてくれて、分からないことがあったら聞いてね、というあたたかい感じですね。

OTHER TALK 「北都で働く人たち」