そうだ北都、行こう。

ものづくりの真髄

JOB CATEGORY 「職種でみる北都」

ひとつひとつが、オーダーメイド。巨大な橋やクレーンが
どうやってできあがっていくのか、つくられる工程にそって職種も紹介。

橋梁Bridge
クレーンCrane
STEP01
鉄構営業
ターゲットを定め受注を目指す
競争入札で勝負!数字とのシビアな戦い
受注に向けて情報収集、製作にかかるコストを算定し、価格を決めて、入札に挑みます。晴れて受注が決まるとお客様との契約手続きや社内調整を進めていきます。
Sales
STEP02
技術
橋づくりを総合プロデュース
ものづくりを支える要の存在
壮大な完成形を緻密に分解する設計作業
入手した設計図書を総チェック。橋の完成に向けたプランニングをチームで行います。お客様に確認を取りながらCADや専用ソフトを使って製作資料をつくり上げていく一方で、工場製作における施工管理業務を担っています。
Technology
STEP03
生産管理
生産活動をコントロールしています
適時 適材 適所。受注生産をフレキシブルに支える
材料や購入品を手配、必要なタイミングでものを入手できるよう調整を行います。技術や製造とのやり取りはもちろん、安定して資材を調達できるよう、日頃から情報収集をおこなったり、協力業者との良好な関係を構築したりと、様々な局面で対応力が求められています。
Production
Control
STEP04
製造
重厚長大、ガチものづくり
鉄を知り尽くした職人たちの技
鋼板に加工を施しながら製品をつくっていきます。ひとつ何トンもある大型部材を位置出しして溶接で固めたり、全長100mを超えるものをmm単位で管理するなど、北都ならではといえるものづくりのノウハウが詰まっています。
Manufacturing
STEP05
鉄構工事
現場を動かすBIG BOSS
新しい道を造り出す仕事
現場経験豊富な橋づくりの最終ランナー
状況に応じた最適な施工計画を立案し、工場でつくられた橋を現地へと運び設置していきます。現地工事が始めってからはお客様の窓口となってやり取りを行います。現場監督として刻々と変化する現場の動きに対応しながら、完成までを担います。
Construction
OTHER
メンテナンス(水門)
頼れるゲートキーパー
いざという時に備えて管理をしています
外観に損傷はないか、機器の劣化はないか、動作は正常におこなえるか、定められた点検項目に基づいて定期的・継続的に点検を行い、地域の治水・利水事業を支えています。
Maintenance
STEP01
搬送営業
柔軟な対応で信頼を築く
お客様の声を聴き、北都ならではの
技術的フォローを行っています
お客様からクレーン新設計画の情報をキャッチすると、ご要望をうかがい、ご満足いただける仕様を検討していきます。受注が決まるとお客様と社内との調整を進めながらさらに細かいニーズに対応していきます。
Sales
STEP02
搬送設計
お客様の目線に立った
オーダーメイド設計
豊富な実績をベースに、丈夫で長持ち、
そして経済性を備えた製品設計を追及
お客様のニーズに合ったクレーンをデザインしていきます。すべてがオーダーメイドなので、1台1台強度計算を行い、最適な機器を選定し、 使用条件を満たせるよう図面化していきます。 基本的には2D-CAD、複雑なものは3D-CADを使います。 動作は電気での制御となるため(回路図や系統図)電気図面も作成します。
Transport Design
STEP03
生産管理
生産活動をコントロールしています
適時 適材 適所。受注生産をフレキシブルに支える
材料や購入品を手配、必要なタイミングでものを入手できるよう調整を行います。 図面から材料リストをつくったり、協力業者に加工を依頼したり、工場と連携をしながら生産をコントロールしています。
Production
Control
STEP04
製造
熱を込めてクレーンをつくる
つくりやすさを追求しながら、
図面を実物へと変えていく
溶接、機械加工、組立、電気配線、塗装、様々な工程を経て製品をつくり上げていきます。同じ作業を繰り返すというより、図面を見て、考えながら行うものづくりです。
Manufacturing
STEP05
搬送工事
クレーン製作のフィナーレを飾る
臨機応変な対応も、綿密な計画があってこそ、
想定があるからできるのです
まずは現地の状況を確認し、計画を練ります。 輸送ルートを確保したり、作業チームを編成したり、 必要な機材の手配を行うなど、事前検討を進めていきます。 いよいよ勝負の時。限られた時間と空間の中でお客様の工場にクレーンをセット、動作確認までを行います。
Construction
STEP06
メンテナンス
クレーンのお医者さん的存在
点検・修理・改造、ありとあらゆる
クレーンの問題を解決します
お客様にご使用していただいているクレーン1台1台にもカルテがあります。 外観に損傷はないか、機器の劣化はないか、動作は正常におこなえるか、定められた点検項目に基づいて定期的・継続的に点検を行っています。 故障などの緊急時にはできるだけ素早く対応し、いち早く復旧できるよう修理も行ったり、クレーンメーカーならではの改造や予防保全の提案を行ったりもしています。
Maintenance